「アイネット」は空室対策や家賃の値上げに大人気!

アパート用無料インターネットの工事内容や導入の流れを解説!入居者に選ばれる部屋で空室対策を!

アパート用無料インターネットの工事内容や導入の流れを解説!入居者に選ばれる部屋で空室対策を!

入居者無料インターネットは、今もっとも需要が高い設備のひとつ。

導入後の入居率アップはもちろん、家賃増額に成功した大家さんも少なくありません

またこれからモノのインターネット「IoT」の普及によって、スマートホーム化したアパートの需要が増える可能性も高まります。

空室で悩んでいる大家さん、今こそ入居者無料インターネットの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

インターネットに詳しくない大家さん向けに、「あぱたい」が無料インターネットの工事内容などを解説。

さらにどの回線方式が適切なのかもご紹介します。

アイネットくん
アイネットくん

導入のタイミングは今がおすすめです! 

 

アパートの無料インターネット導入は大家さんにも入居者にもメリットがある!

アパートの無料インターネット導入は大家さんにも入居者にもメリットがある!

無料インターネットに限らず、新しい設備の導入はコストがかかるため、導入をためらう大家さんもいるのではないでしょうか。

しかし、需要の高い設備導入は入居者をはじめ、大家さんにとってもさまざまなメリットがあるのです。

大家さんのメリット

集合住宅における入居者無料インターネット設備は、現時点でアパートに導入されている物件は多くありません

このタイミングでの導入により高い希少性が生まれ、アパートの付加価値を高める働きがあります

また全国賃貸住宅新聞が発表した、「この設備があれば周辺相場より家賃が高くても決まる」ランキング堂々1位が無料インターネット。

つまり、家賃増額に成功しやすい設備なのです。

内見候補に選ばれやすくなるのはもちろん、競合物件と迷っている入居者に対し決定的な決め手にも。

さらに退去防止にもなるため、空室対策に高い効果を生み出します。

とはいっても、導入の工事費は大きな設備投資に変わりありません。

そのためにもできるだけ初期費用無料の回線会社を選び、さらに費用対効果の高いアパート経営を目指しましょう。

 

入居者のメリット

通常、アパート入居者が個人でインターネット契約をする場合、部屋にインターネット回線がなければ取り付け工事などの許可を大家さんにもらう必要があります。

そして工事が始まるまではインターネットが使えません。

工事費は1万5,000~3万円ほど。そして月々3,000~5,000円のプロバイダ料金を支払います。

しかし、入居者無料インターネット設備が導入された物件であれば、そういった費用が一切かからず、入居したその日にインターネットの使用が可能です。

入居者にとって非常に経済的なので、部屋探しをする重要な検索条件になっています。

 

大家さんなら知っておきたい!アパート用無料インターネット回線の種類と工事内容を解説

大家さんなら知っておきたい!アパート用無料インターネット回線の種類と工事内容を解説

インターネットには複数の回線があり、回線の種類によって工事内容も違います。

回線種類は、おもにふたつです。

  • 有線方式
  • 無線方式

たま
たま

それぞれ回線のメリット・デメリットもあるから比較してみてね! 

速度や接続が安定している有線方式!導入の流れや工事内容は?

有線方式では取り付け工事の申し込み後、まず該当物件や周辺の現地調査をおこないます。事前調査で問題がなければ、次のステップである取り付け工事に。

取り付け工事は外から回線を引き込み、各部屋に有線ケーブルで分岐させます

有線方式

なお導入前の事前調査の結果次第では、部屋への分岐ができない場合もあります。

大家さん
大家さん

建物の構造上、分岐できないこともあるんだね

アイネットくん
アイネットくん

そのようなケースは「無線方式」を検討するのがおすすめです

工事可能であれば取り付け工事日を予約。その際、入居者がいる部屋については、入居者の立ち合いが必要です。必ず入居者に在宅日時を確認した上で工事日の予約をおこないましょう

一般的に工事日まで2週間~1ヶ月が必要で、とくに不動産繁忙期といわれる3~4月は、予約が取りづらいのでご注意ください。

たま
たま

有線方式の工事費用はどれくらいなの?

地域にもよりますが、木造アパート2階建10戸での工事費用は15~40万円と提供会社によって幅広く、初期費用によって月額の保守費用が変動するなどさまざま。

詳しくは、見積り時に詳細な金額を確認しましょう。

有線方式のメリット

  • 無線に比べて通信速度が速く、接続が安定している
  • 有線LANルーターやケーブルが比較的安価なので経済的
  • 不法侵入によるデータ流出のリスクが低い
  • パソコンなど、情報量が多い通信(オフィスなど)に最適
  • 不具合の原因を把握しやすい

 

有線方式のデメリット

  • 部屋ごとの工事が必要なため、開通に日数がかかる
  • 既存アパートでの導入の場合、LANケーブルの関係で配線レイアウトが必要
  • LANケーブルの整理にも煩わしさを感じる

 

導入が手軽な無線方式!導入の流れや工事内容は?

無線方式はいわゆるワイファイと呼ばれるもの。

外から回線を引き込むまでは有線方式と同じです。

その後、敷地内に設置した無線ルーターから各部屋にワイファイ電波を飛ばすことでインターネットが使用できます

無線方式

無線LAN工事費用は、木造アパート2階建10戸で30~60万円。この方式も地域や提供会社によって価格は変動します。

大家さん
大家さん

有線LANよりも若干高めだね

各部屋へのケーブル分岐が不要なため、工事の煩わしさがありません

そのためケーブルなどの配線整理も必要がなく、部屋をスッキリと見せる効果があるため、入居者にいい印象を与えます。

無線方式のメリット

  • 分岐する必要がないので工事不要
  • インターネットが開通するまでの日数がかからない
  • 移設や増設がしやすい
  • 木造アパートに導入しやすい

 

無線方式のデメリット

  • 有線LANルーターと比較すると高価
  • 入居者のパソコンやデバイスが無線LANに対応してない場合、LANカードが必要になる
  • 壁が厚い鉄骨や鉄筋構造には電波が届かないことも
  • 不法侵入からデータ流出や不正使用のリスクがある
  • 電波を発する障害物の影響で通信速度が左右される

 

アパート大家さんには有線方式の無料インターネットがおすすめ!

アパート大家さんには有線方式の無料インターネットがおすすめ!

入居者に満足してもらえる無料インターネット設備という点では、速度が速く安定した接続が維持できる有線LANがおすすめ

しかし、この先アパートによるスマートホーム化や在宅勤務が増えることを懸念すると、有線LANプラスアルファを導入して、さらに入居者には選ばれやすいアパートを目指しましょう。

そのためには、有線+ワイファイ無線が最適かつおすすめです。

埋め込み型ワイファイやネットワークカメラなどのIoT機器がオプションとして用意されている会社を選ぶと、利便性とセキュリティ面でさらに入居者に満足してもらえるでしょう。

 

まとめ

無料インターネット設備をアパートに導入すれば、選ばれるアパートとして入居率アップが見込めるため空室対策につながります。

アパートの種類によって、有線方式または無線方式を選ぶことが可能です。

有線方式はインターネット速度・接続に安定感がありますが、各部屋への分岐工事が必要。無線方式は、分岐工事の必要はありませんが、速度や接続といった面では安定しない場合も。

通信速度や通信障害が起きてしまっては、入居者のクレームにつながり意味がありません。

ストレスがないインターネット環境を実現させるためにも、有線LAN+ワイファイ方式で入居者満足度を高めましょう!

「アイネット」は空室対策や家賃の値上げに大人気!