「アイネット」は空室対策や家賃の値上げに大人気!

フレッツ光「全戸加入プラン」と無料インターネット会社「アイネット」の違いを徹底検証!

フレッツ光「全戸加入プラン」と無料インターネット会社「アイネット」の違いを徹底検証!

家賃の底あげや空室増加の解決策として、無料インターネットの導入が注目を浴びています。

しかし導入に興味があっても、実際どこに頼めばいいのかよくわからないという物件オーナーも多いはずです。

手前味噌になってしまいますが、無料インターネットを導入するなら、断然「アイネット」をおすすめします。

今回「あぱたい」では、「NTTフレッツ光全戸加入プラン」と「アイネットのプラン」を初期費用・利用料金・通信速度・サポート体制などから徹底比較します。

せっかくの無料インターネット導入で損をしないためにも、ぜひ当記事を参考にしてください。

アイネットくん
アイネットくん

業者選びは、客観的に数字で判断するのがおすすめです! 

 

無料インターネット導入で差別化を!「全戸加入プラン」と「アイネット」どちらがいい?

無料インターネット導入で差別化を!「全戸加入プラン」と「アイネット」どちらがいい?

アパートのオーナーが無料インターネット設備を導入するには、大きくふたつの方法が考えられます。

ひとつめはNTTの「全戸加入プラン」に申し込む方法。もうひとつが当社「アイネット」のような無料インターネット専門業者に依頼する方法です。

どちらにもそれぞれメリット・デメリットがありますが、結論からいうと、「アイネット(無料インターネット専門業者)」を断然おすすめします。

アイネットくん
アイネットくん

回線の仕組みや料金体系などを比較しながら「アイネット」がおすすめの理由を解説します

アパート向け無料インターネット回線方式の違い

NTT・無料インターネット専門業者ともに、「有線方式」を採用しています。有線方式は大きく下記の2種類に分類。

① ひかり配線方式(NTT東日本・西日本共通)

② シェアード型:LAN方式(アイネット)、VDSL方式

① ひかり配線方式(NTT東日本・西日本共通)

 ① ひかり配線方式(NTT東日本・西日本共通)

画像引用:フレッツ NTT西日本公式ホームページ 「フレッツ光全戸加入プラン」とは

ひかり配線方式は、建物共有部に引き込んだ光回線を分岐し、光ファイバーで各戸に配線します。この方式はNTTが採用しており、各部屋がそれぞれ「1Gbps」のハイスピード回線を専有できるのが大きな特徴です。

② シェアード型:LAN方式(アイネット)、VDSL方式

② シェアード型:LAN方式(アイネット)、VDSL方式

画像引用:フレッツ NTT西日本公式ホームページ 「フレッツ光全戸加入プラン」とは

シェアード型の場合、共用部までは光ファイバーで配線されますが、それ以降はLANケーブル(LAN方式)・もしくは一般電話回線(VDSL方式)での接続となります。

アイネットくん
アイネットくん

アイネットは「LAN方式」を採用しています

 

NTTフレッツ光全戸加入プラン

NTTフレッツ光全戸加入プラン

出典:NTT東日本 フレッツ光ネクスト マンション全戸加入プラン

NTTフレッツ光全戸加入プランとは、光回線を特別料金で全戸に導入できる、共同住宅のオーナー向けプランです。

全戸加入プランは、入居者ではなくオーナーが一括で料金を支払います。それでは「オーナーにメリットがないのでは……」と感じるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

なんといっても、所有物件に「無料インターネット使い放題」という大きな付加価値がつきます。入居者も集まりやすくなりますし、入居者の満足度がアップして、長期入居につながるでしょう。

 

無料インターネット会社「アイネット」

無料インターネット会社「アイネット」

「アイネット」は、株式会社Ai.Connect(アイコネクト)が提供する、マンション・アパート専門の無料インターネットサービスです。

NTTの全戸加入プラン同様、所有する物件に「無料インターネット」という強力な付加価値をつけられます

通常リフォームなどの空室対策は、高額な費用が必要です。しかしアイネットの無料インターネット設備導入ならば、初期投資を抑えながら空室対策が可能

アイネット導入後、入居率が90%以上にアップした例を公式サイトに掲載していますので、ぜひ確認してみてください。

アイネット導入後、入居率が90%以上

公式サイトはこちら>>アイネットHP

 

「全戸加入プラン」と「アイネット」を具体的に比べてみよう

「全戸加入プラン」と「アイネット」を具体的に比べてみよう

これまで紹介してきた「NTT」と「アイネット」、具体的にどこが違うのでしょうか。アパートオーナーはどちらを選べばいいのか、両者を比較しながらみていきましょう。

初期費用・利用料金

無料インターネット導入にかかる費用をしっかりと比較したいところですが、じつはどの会社も全戸加入プラン料金を明示しておらず、個別見積もりにて対応しています。

アパートは一棟ごとに条件が違いますから、考えてみれば個別見積もりになるのは当然です。とはいえ、目安がないと比較できませんので、個別契約方式の光フレッツ料金を参考に比較してみましょう。

初期費用 月額料金
NTT東日本
光フレッツ ギガマンション・スマートタイプ
15,000円×戸数
10戸:150,000円
3,550円/戸
10戸:35,500円
アイネット 0円 7,000〜10,000円/10戸

※初期費用・月額費用とも、条件により変更あり
※NTT月額料金にはプロバイダ料金を含む
参考:フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(集合住宅向け) 料金

まず目を引くのが「初期費用」です。NTT全戸加入プランでは10戸あたり約15万円必要なところ、アイネットはゼロ円で済みます。(諸条件あり)

また毎月の支払いに関しても、アイネットならNTTの1/3以下ですから断然お得です。

アイネットくん
アイネットくん

実際には、NTT全戸加入プランの月額料金はもっと安いですが、いずれにしてもアイネットの2倍以上は必要です

 

通信速度

NTT全戸加入プランは、下記の2タイプから速度を選択できます。

  • フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(最大1Gbps)
  • フレッツ光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ(最大200Mbps)

もっとも速度が求められるオンラインゲームでも100Mbpsほどあれば、快適に作動するといわれています。

マンション・ハイスピードタイプでも速度は十分ですが、両プランの月額料金差はわずか300円。同時利用を考えれば、「1Gbps」を選んだほうが間違いないでしょう。

アイネットは光ファイバーよりも遅い「LAN方式」を採用しています。しかしながら「1Gbps対応LANケーブル」を使用していますので、じつはNTT光ファイバーと速度差がまったくありません

また速度には直接関係ありませんが、アイネットでも「IPv6/IPoE」に対応しています。したがって、仮に利用世帯数が爆発的に増加しても、遅延化にはつながりません

大家さん
大家さん

速度は両者互角なんだね! 

 

サポート体制

最後にサポート体制を比較していきます。光回線を導入して一番困るのがやはり「故障」ではないでしょうか。NTTでは24時間年中無休で、故障の受付をしてくれています。

アイネットも、もちろん24時間365日体制でサポート。またネットワーク障害が起きないように、24時間リモート監視をおこなっています。

NTTにもリモートサポートはありますが、残念ながら有料です。

たま
たま

別途月額500円ぐらいかかるみたいニャン

このようにNTTは巨大すぎて、対応が限定される傾向にあります。

それに対してアイネットならば、物件ごとに臨機応変な対応ができます

オプションに関しては、両社どちらも「防犯カメラ」「宅配ボックス」などを用意。IoTは規模の大きいNTTのほうが充実していると思ってしまいがちです。

しかし家電の遠隔操作や温度調整ができるプラットフォーム・玄関鍵の開閉をリモートでコントロールできる「スマートロック」など、アパートの差別化を図るオプションが、アイネットにはしっかりと用意されています

アイネットくん
アイネットくん

フレキシブルな対応と物件ごとのこまやかな提案を求めるならば、やはり「アイネット」がおすすめですよ! 

大家さん
大家さん

オプションに関しても、「アイネット」はラインナップが豊富なのがいいね! 

 

まとめ

アイネット

アパートに無料インターネットを導入するならば、NTTフレッツ光全戸加入プランよりも「アイネット」をおすすめします。

  • 費用が圧倒的に安く済むにも関わらず、最大速度に差がない
  • IPv6/IPoE対応なので、将来世帯数が増えても遅延する心配がない
  • NTTに比べてオプションも充実しており、より柔軟な対応が可能
  • 物件ごとに最適な提案をカスタマイズできる

アパート経営にはとにかく資金が必要です。上記の理由がそろっているアイネットであれば、できるだけ費用を抑えながら、無理なくアパートの差別化をおこなえます。